弁護士が問題を根本からズバッと解決【頼りになるヒーロー見参】

女性

弁護士に頼ろう

裁判所

借金をなんとかしたい時に、最適な方法を提案します

多重債務や住宅ローンなどの負債問題であれば弁護士に相談するのが一番です。司法書士に相談することもできますが、出来ることと、出来ないことがありますので依頼者に不利になることもあります。その点弁護士なら裁判上も制限されることがありませんので、依頼者のために徹底的に交渉します。弁護士だと敷居が高いイメージがあり、費用面を心配される方もいますが、初回の相談は無料で行っています。そこで費用面などを含めて納得できれば、契約をすればよいのです。費用も分割払いできる場合もあるようです。結局、弁護士に依頼するのが費用対効果が一番高いようです。

弁護士に任せることで精神的負担が軽くなります

借金の相談をした場合、具体的にどのような解決方法があるのでしょうか。弁護士事務所では、借入れ先や返済額や住宅ローンの有無などを聞かれるでしょう。もし過払い金請求できるものがあれば、まずはそこから交渉できます。過払い金返還だけでは返済が苦しい場合は任意整理や個人再生の道もあります。任意整理は借金の金利を原則カットして元本だけを返済します。個人再生は住宅ローン以外の借金を大幅に減額することで、マイホームの売却を回避することができます。これらの方法でも解決が難しい場合は自己破産する方法もあります。いずれにしても、借金の減額交渉は個人で簡単にできることではありません。自己破産ならなおさらでしょう。手続きによっては裁判所での手続きも必要です。そういった交渉や手続きは精神的負担も大きいでしょう。弁護士ならノウハウもあり交渉力もあります。まずは電話で相談してみるといいでしょ。