弁護士が問題を根本からズバッと解決【頼りになるヒーロー見参】

女性

弁護士に頼る過払い金

弁護士

過払い金の請求は今後も

過払い金の請求の債務整理相談は、一時期と比べると相談される方の数は年々少なくてなってきています。ピークは過ぎていますが、それでも気づかない方もいます。とくに2010年以前に取引をしていた方は過払い金が発生している可能性が高くなります。近年では、法律が改正されて上限金利が引き下がってから5年ほど経過していますので、過払い金が発生していない人のほうが今後は多くなっていくのです。また、過払い金には完済してから10年経過すると時効により過払い金を請求できる権利がなくなってしまいますので、はやめに債務整理相談をすることです。完済をしていれば、着手金は無料で、債務整理相談を無料で行ってくれますのではやめの相談です。名古屋などの弁護士事務所でも過払い金問題に関する相談を常に受け付けているので頼ってみるのも良いでしょう。

過払い金と任意整理について

債務整理の方針として、まだ残高がある返済途中である場合の過払い金請求ですが、もちろん返済途中でもすることができます。しかし、注意点としては完済している場合は無料で着手してくれますが残高があると着手金がかかってしまうことです。また、過払い金請求をして残高が0になるまたは現金を取り戻すことができればいいのですが、過払い金請求をしたら借金を大幅に減額させるだけに終わってしまった場合です。この場合は、過払い金請求ではなく、任意整理の手続きとなっていしまいます。その後も返済は継続的に続くことになります。そして、任意整理をした事実は信用情報機関に登録されてしまいますので、そういった点を理解したうえで請求をします。

弁護士に頼ろう

裁判所

多重債務や住宅ローンの滞納に困っている場合には、迷わず弁護士に相談することが大切です。住宅ローンの滞納と弁護士が結びつかない方もいるかもしれません。しかし弁護士なら、債務者の希望を聞きながら最適な方法をみつけられます。

View Detail

専門職に任せる

電卓

餅は餅屋という言葉がありますが、法的な手続きは法律の専門家である弁護士に任せてしまうのが一番です。なぜなら、私たちには難しい法律問題の事に詳しい弁護士を頼れば問題を解決できる可能性があるからです。

View Detail

安心して任せられる

裁判

過払い金返還請求を行う時に工夫する事として、どの司法書士、または弁護士に依頼するか十分に検討を行います。過払い金などの返還請求に関する相談は無料で行なってくれる場合が多いですし、成功報酬型である事が多いので安心できます。

View Detail